Entry

ドコモメール dアカウント設定

色々詰まって右往左往したのを簡単にメモ。

使用端末
 ・zenfone3(以下zen3)
使用SIM
 ・ docomo foma SIM(以下sim)

うまくいかなかったこと

zen3にsimを差し込みネットワーク設定。
マイドコモからドコモメールのdアカウントを設定するには、
wifiを切った状態でdocomoの3Gのモバイルネットワーク接続が必要。

そのため、アクセスポイントにSPモードを設定する。
(SPモードの契約は事前にしておくこと)
151に聞いてもやはりSPモードで接続するようにアドバイスを受ける。
SIMフリー端末でもアクセスできると言われた。

やってみるとアクセスできない。
LTE端末だとアクセスできない機種もあるみたい。

zen3のアクセスポイントをSPモードにするとアンテナが立たず受信不能になる。
結果マイドコモどころか通話すらできなくなる。

再度151に電話してdocomoから設定を変えてほしいとお願いをしてみるが、
ドコモの端末から操作してくださいと突き返される。
その端末がないから困ってるってのに。

ドコモショップで端末を貸し出していることもあるとのこと。
ドコモショップはいつも混雑してる上に、
貸出してくれるかどうかもはっきりわからんので、
ドコモショップはあきらめてドコモ端末を買い直しすることに。

うまくいったこと

以前使用していたドコモ端末を中古で買い直し。
(ちなみに1200円ジャンク扱いのモノを買ってきた)
simを差し込みブラウザからマイドコモにアクセス。
設定不要であっけなく接続できた。

dアカウント設定を「利用する」に変更して作業終了。

買ってきたジャンク端末はwifiが死んでるらしく機能しないが、
3Gのモバイルデータ通信は生きていたのがラッキーだった。
ドコモの設定専用端末として手元に残しておくことに。

レトロフリークの吸出し機能について

10/07 : 一部内容を以下の通りに修正しました。

標準でも11機種に対応したレトロゲーム互換機。
別売りカートリッジアダプタで対応機種がさらに増えます。

レトロフリークにインストールしたゲームソフトは、
独自の暗号化が施されており、
インストールしたレトロフリークでしか動作しないようになってます。

PC用のエミュレータでも動作するよう、
暗号化されていないゲームデータの吸出しを行います。

重要 : これらは全て自己判断・自己責任で行ってください。
記載されてる内容は無保証です。
行ったことに対して何があっても人のせいにはしないでください。

必要なもの

1 . レトロフリーク

記事を書くにあたって使用したバージョンはver1.6,ver2.0,ver2.3,です。
それ以外では動作確認していません。
吸出しの確認は主にFC、SFCです。

基本的にバージョンダウンできません。
バージョンアップでretrofdが使用できなくなる可能性があります。
使用してるバージョンに満足してるならバージョンは上げないほうがいいです。

2 . microSDカード

16GB以上のmicroSDカード推奨
8GBはデータの書き込みができない可能性があり、
わざわざ買ってきたのに使えないというケースがあります。
そのため16GB以上がおすすめ。

microSDカードリーダーがPCについてない場合は、
microSDカードリーダーが別途必要になります。
私は以下のカードリーダーを使って書き込みしました。

3 . retrofd

ダウンロード先は以下から
https://github.com/hissorii/retrofd/releases

自分の持ってるmicroSDの容量に対応しているファイルをDLしてください。
仕様的には8gb~32gbまでとなっておりますが、
8gbのmicroSDに8gbのretrofdをインストールできない可能性があります。
とりあえず容量にあったものをDLしておいてください。

DLファイルは10~30MB程度ではありますが、
圧縮ファイルを展開すると16GBや32GBのmicroSDサイズの容量になります。
展開場所の容量に注意。

4 . Win32 Disk Imager

retrofdのイメージカードデータをmicroSDカードに書き込む際に必要になります。

Win32 Disk Imager
https://osdn.jp/projects/sfnet_win32diskimager/

32GBのmicroSDに32GBのretrofdのイメージを書き込もうとしたところ。
微妙に容量が足りないみたいで書き込みできない。

microsd.png

microSDカードによっては容量不足で書き込みができないため、
microSDカードの容量より少ないretrofdのイメージを使います。
microSDカードが32GBで書き込むretrofdは16GBのを使って書き込み。

win32diskimager.png

32GBの容量のmicroSDカードでも、
使用できる領域が16GBになってしまいます。
Windowsで見ないext4領域で2GB程使っているため、
実際にはさらに容量が少なく表示されます。

13gb.png

書き込みできないんじゃ何も始まらないので、
しょうがないけどこれで使うことにします。

microSDの用意が完成しました。

設定変更

作成したmicroSDの中にファイルがあります。

retrofd.cfgファイルをterapad等で開き、
記載されてる内容を書き換えます。
RF_LOGCD=no → RF_LOGCD=yes

rfd_logcd.shファイルをterapad等で開き、
記載されている内容を書き換えます。
srcd=/mnt/ram/log → srcd=/mnt/ram

設定変更終了後、レトロフリークにmicroSDを差し込み起動。

吸出し開始

ゲームソフトを差し込み、ゲームをmicroSDカードにインストール。
インストールしたゲームを始める。

始めたゲームはとりあえずやめて、
また新しく違うゲームソフトを差し込み、インストール。
インストールしたゲームを始める。

保存場所はmicroSDのretrofd\logフォルダです。
ゲーム名-decrypted.NESやゲーム名-decrypted.SFCという名前で保存されています。
暗号化されたソフトと暗号化されていないソフトがmicroSDに保存されるため、
吸い出しに成功すると同じタイトルのゲームが複数ゲームリストに表示されます。

list.jpg

どのタイミングで吸い出されてるのかよくわかりません。
microSDがリロードされるとゲームリストが更新されます。
リロードされるタイミングがよくわからんので、microSDをPCで読み直したほうが楽。
レトロフリークのゲームリスト上に反映されてなくても吸い出せてることはあります。

容量の大きいソフトは吸出しに失敗してdump.sfcとかになってることがよくあります。
失敗してる場合もあるし、成功してる場合もあります。
暗号化されたデータと複合化されたデータの容量がほぼ一緒ならたぶん成功してます。
ROM Checker[外部リンク]で正常に吸い出せたかcrcの比較ができます。

romchecker_1.png

何度やっても吸出しに成功しない場合、
rfd_logcd.sh17行目の以下の内容を書き換えてください。

busybox sleep 1 → busybox sleep 5
というように少し数字を大きくしてください。
吸い出す成功率が上がります。

PC用のエミュレーターで動作確認してみます。
VirtuaNESの場合はヘッダ異常という表示が出ますが遊べます。

virtuanes.png

ゲームを遊ぶ上ではヘッダ異常でも問題ないみたいだけど、
エラー表示が気になる人はROM Checkerで修正可能。

NESヘッダ編集をクリックすると別画面が表示されるので、
$08-$0Fのデータをクリア(00)するにチェックを入れて編集ボタン。

romchecker_2.png

ゲームも遊べる吸出し機と考えればお買い得といえるかも。

zenfone2 laser ディフォルトの通知音を変更しようとするとエラー

zenfone2 laserで、
ディフォルトの通知音を変更しようとするとエラーが出る場合、
ASUS Messaging - SMS & MMSをインストールすればOK。

不要かと思ってアンインストールしてると思いますが、
これを削除するとディフォルトの通知音を変更できなくなります。

Google Playで再度インストールしなおしてください。

sms.jpg

ノートン更新時の有効期限を新プロダクトキーに統合

ノートンを更新する際、
新しいプロダクトキーを入力すると、新しい有効期限に上書きされます。

有効期限が残っていても、
新しいキーを入れると新しいキーの有効期限のみになります。
残数は消えてなくなっちゃうわけです。

そのため、有効期限ギリギリで更新するのが無駄のない方法ではありますが、
ノートンのチャットサポートを使うと新しいプロダクトキーに残数を移してもらえます。

3年版のノートンセキュリティを購入直後の状態。
残り1096日になってます。
今まで使っていたノートンの有効期限は反映されていません。

01.png

ノートン公式HPのサポート→お問い合わせを選ぶと、
ライブチャットと呼ばれるチャットによるサポートが受けられます。

問い合わせ要件を書いてチャットサポートを受ける。
以前使用していたノートンの有効期限を、
新しいプロダクトキーに移せるかどうかを聞いてみることに。

サポート  :
旧製品はまだ有効期限が残っている場合、
一旦新製品(プロダクトキーが違う製品)をインストールいたしますと、
または新製品のプロダクトキーを入力いたしますと、

サポート  :
新たなプロダクトキーでアクティブ化されることにより、サーバー上では、
新しく入力された新製品(プロダクトキーが違う製品)のプロダクトキー
のみが認識され、旧製品の残り日数は、反映されないことになっております。

サポート  :
ただし、この原因で旧製品の残り期限がなくなった場合、
弊社ではサーバー上で旧製品の残り期限を新製品に追加することが可能でございます、
ご安心いただきますようお願いいたします。

サポート  :
さきほど弊社のデータベースにて前の製品の残り日数を新製品に追加させていただきました。
お手数ですが、以下の手順どおりに新製品の有効期限をご確認いただきますようお願いいたします。

1.Norton 製品を起動する。
2.右上の「サポート」をクリックする。
3.「有効期限の状態」をクリックする。

02.png

有効期限が新しいプロダクトキーに移されて増えましたー!
テーレッテレー。

有効期限は最長4年

サポート :
確認させていただいたところ、
ご新規購入された製品はノートン セキュリティデラックス3年版製品でございます。

サポート :
旧製品はNorton Internet Securityで、
残り有効期間は612日でよろしいでしょうか。

サポート :
恐れ入りますが、こちらより、
有効期間を統合できますが、統合された場合、4年に超えない仕様でございます。

サポート :
統合してもよろしいでしょうか。

ということで3年版を買う予定の人は残日数を1年以内にしてから買わないと無駄になります。
統合で私は250日分ぐらいの利用期限を捨てたことになります。

ノートンセキュリティ デラックス 1年版(Windows/Mac/Android/iOS対応) [オンラインコード]  ノートンセキュリティ デラックス 3年版(Windows/Mac/Android/iOS対応) [オンラインコード]

ノートンのCMがリアルな件
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13966927

Xdomain無料サーバー + ValueDomain + Cloudflare = freo

Xdomainの無料サーバーを使ってfreoを動作させます。
ついでにValueDomain(以下VD)で管理してるドメインとキャッシュサーバーにCloudflareも使います。

無料サーバーの登録やVDでのドメイン購入等の初期設定は各自で終わらせてください。

Xdomainサーバーの注意点

ドメイン設定でドメインを登録すること。
その際、「他社管理のドメインを追加する」で追加することになりますが、
エックスドメイン指定のネームサーバーをまずはコピペ。
VDのコントロールパネルにログインしたらネームサーバー変更の項目で、
エックスドメイン指定のネームサーバーを追加してください。

vd_nameserver.png

私の場合ですと、
ネームサーバー3~5にXドメイン指定のネームサーバーを入れます。

Xドメイン側に独自ドメインが追加されたら、指定のネームサーバーは削除。

xs_domain.jpg

Xサーバーのサブドメイン設定からサブドメインを追加。
とりあえずblogというサブドメインを作成。

xs_subdomain.png

ffftpを使ってサブドメインのフォルダにアクセスする。
アクセスするには、XサーバーのコントロールパネルにあるFTPアカウント設定を表示させる。

xs_ftp.png

ページ下のFTP接続情報をメモって下さい。
あとで使います。

メニュー→編集でFTPのパスワードを登録。

ffftpを起動し、
ホスト名、FTPアカウントID、パスワードを入れてFTPでアクセス。

ffftp1.png

登録したドメインの領域にアクセスできます。
blog.example.comというようなフォルダがあると思います。
そこがサブドメインの領域です。

ffftp2.png

blog.example.comのフォルダ内にfreoをアップロード。

次にCloudflareにアクセスします。
DNSを選択し、Typeに「A」、Nameに「blog」IPv4 addressにIPを入力します。

IPv4 adressはffftpで入力したホスト名をIPに変換したものを入れてください。
http://wolfside.com/i/x/lookup.php
上の空欄にホスト名を入れてHOST→IPにして変換ボタンを押すとIPに変換されます。

cf_dns.png

これで完成。
すぐには接続できません。数時間ぐらいかかりますのでしばし待機。

サブドメインのURLでアクセスできるようになったらfreoのセットアップを行ってください。

freoセットアップはPHPのバージョンに注意

PHP5.5.30でないとエラーが出ます。
XドメインのコントロールパネルからPHPのバージョンを確認してください。

php.iniでdisplay_errorsをoff,
mbstring.internal_encodingとmbstring.http_outputはUTF-8のほうがいいかも?

TSdrena アナログ→ HDMI変換コンバーター HAM-CCHHJ

赤白黄色のコンポジット端子をHDMIに変換する機械。

01.jpg

Input(入力側)は昔のテレビ配線でおなじみの赤白黄端子です。
HDMIをそのままHDMIでパススルーできるので、
レトロフリークやPS4とレトロゲーム機を同時に接続できます。
映像出力はどちらか一方しかできませんが。

02.jpg

こちらは出力側。特にコメントは必要ないと思います。

03.jpg

一番気になるのはやはり遅延。
私の感覚ではゲームするには差し支えないレベル。

GCのPSOやバイオハザードで遊んでみましたが、
操作に違和感がでるような遅延はありません。

アスペクト比はそのまま出力されるみたいです。
今主流の16:9比率の横長画面に無理やり引き伸ばされるようなこともないです。
なので、4:3比率の昔のゲーム機の映像を出すと、
モニター両端は黒い帯になります。

相性保証してるのもポイント。
動作しない場合は返品OKとのことで安心して買えます。

1,2千円台の映らないノイズが入るとか遅延がひどいなんていう、
製品の品質を疑うレビューが大量にあるものを買うより、
ちょっと高めではありますがこちらを買ったほうがいいんじゃないかなと思います。

一人カラオケ(ヒトカラ)のすすめ

一人でカラオケ行ってみたい!と思ってるけど、
その一歩が出ずにためらってる人向けの内容です。

やはり人の目や店員の目が気になるんですよね。
そこで私から一人カラオケデビューの後押し。

ワンカラ

店員さんの目が気になる人は、
ヒトカラ専門店のワンカラが最適。

一人客を対象にしたサービスのため、入りやすいです。
ご利用ガイドまで用意されており、
わからないと恥ずかしいなんて言うこともない。

時間終了のコールもなく、
店員と接する機会が最小限に抑えられており、
自称コミュ障な人でもわりと行きやすい。

店舗数が少ないことと、価格が高めなのがネックか。

コート・ダジュール

一人用料金プランがあります。
こちらは一般的なカラオケ店で、
おひとり様でもご利用くださいというスタンス。
一人で行っても利用を断られることはないです。

店舗数が多く、価格も高くはないので利用しやすい。
一般客もいますので、受付で鉢合わせする場合があります。

店舗にもよるでしょうけど平日の午前中は空室が多いです。
受付でも鉢合わせする機会も少ないです。
人目が気になる人は平日午前中を狙っていきましょう。

人数、利用時間とドリンク、カラオケ機種、会員証を聞かれる程度です。
受付で何を聞かれるんだろう?と心配な人はシミュレーションしておけば平気。

おひとり様ですか? →はい。
ご利用時間は?→ ○時間です。フリータイムです。3時間パックです。
ドリンクは?→ ウーロン茶で。ドリンクバーで(店舗によってはないこともある)。
会員証はお持ちですか?→ 会員証を出す(下記に注釈あり)。
カラオケの機種は? → なんでもいいです。DAMで。ジョイサウンドで。
割引券はお持ちですか? →持ってれば出す。持ってなければありません。

割引券は店員さんが忘れてなければ、清算後にもらえます。
2回目以降はその割引券を使えばヒトカラの場合は部屋代5%引きになります。
ドリンク代は割引対象にならないので、数十円ぐらいしか安くならんですけど。

一人客はちょこちょこいて、受付で鉢合わせることもあります。
私も一人だけどキミも一人なんだねぇと。
ヒトカラはあなただけじゃないです、気軽に入りましょう。

* 注
コート・ダジュールは会員制。
紙製の会員証は有料。スマホは無料。
スマホの場合はQRコードが一人一人に割り当てられますので、
カラオケ利用時にそのQRコードを提示する形になります。

スマホの場合は入店前に会員登録を済ませられますので、
店で登録作業の手間が少なくて便利です。
登録した後、最初の1回のみ本人確認のため身分証の提示を求められます。
会員登録後の最初の利用のときは身分証も一緒に持って行ってください。

yodobashi.comで返品してみた

購入した商品に思いっきり大きな傷が・・・。
携帯用ストラップの表皮がガッツリ削れてめくれ上がっており、
商品箱に入れるときに傷がついたものと思われます。
価格が安いので買い直しも考えましたが、
いい経験とのことで返品してみることに。

まずは連絡

yodobashi.comの納品書の裏側が返品交換用紙になっています。
返品・交換の問い合わせ窓口に連絡します。

電話とメールがあります。お好きなほうを。
交換するのか、返金するのかの2択です。
商品の状態と注文番号等を添えてメールで連絡しました。
自己都合による返品は未使用未開封8日以内の条件が付いてます。

私の場合は自己都合ではないため、開封済みでしたが返品してくれました。
(開封済みだが使用はしていないとの旨は問い合わせ時に説明済み)
そもそも開封しないと商品の傷は発見できないため、
開けたら返品できないといわれても困るわけですが。

ちょっと話がそれましたが、返品理由や注文番号をヨドバシに伝えます。

ヨドバシからメールの返信が来る

平素は格別な引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
メールを拝見いたしました。

この度はお届けいたしました商品につきまして、
ご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。
今回お問い合わせいただいている件についてですが返品・交換を承ります。

大変お手数ではございますが、お届けいたしました納品書もしくはお買上げ票の
裏面にございます「返品・交換のご案内」に必要事項をご記入の上、
配送料は着払い(弊社負担になります)にて、可能でございましたら
日本郵便ゆうパックをご指定いただきご返送ください。

返送する

ヨドバシから送られてきた袋に入れ直し、
ゆうパックで返送先に送ります。

一番の手間はここです。
郵便局に持っていくのも面倒だし、
集荷にするにしても伝票を用意したり手間がかかる。
面倒だけど我慢して返送。

ヨドバシに返送品が届くと返信が来る

ヨドバシ・ドット・コムをご利用いただき、
ありがとうございます。

このたびは、商品交換のお手数をおかけし、申し訳ございません。
下記の内容にて、交換商品のご依頼を承りました。

交換商品の確保ができ次第、出荷をさせていただきます。
出荷の際には、別途メールにてご案内をさせていただきます。

交換品出荷の連絡が来る

ヨドバシ・ドット・コムをご利用いただき、
ありがとうございます。

このたびは、商品交換のお手数をおかけし、申し訳ございません
交換商品を、出荷させていただきましたのでご連絡申し上げます。

感想

一番の手間と感じたのはゆうパックで返送する作業の部分。
返送先を書いたり(私はPCで作りましたが)、集荷や持ち込みの手間。
返品のために、ゆうびんIDを作ったり、ゆうアプリの登録をしたりと、
とにかく面倒だった。

登録してしまえば次からは簡単にデータが呼び出せるので楽ですが、
返品がそうそう何度もあるわけじゃないのでここの作業が苦痛。
郵便局に持ち込んだほうがはるかに楽です。
私は家で全部済ませようと楽しようとして逆に苦労したパターンです。

返品受付、返送品到着、交換品発送のメールが来ます。
返品がどの段階まで進んでるのかわかるため、
特に不安な要素は今回の返品では感じませんでした。

艦これ ペーパークラフト

DTS-HDを変換してTMPGEncで読み込む

TMPGEncはDTS-HD音声に未対応で、音声がエンコードできません。

DTS-HDを一旦読み込み可能なフォーマットに変換して、
TMPGEncで読み込ませてエンコードの流れ。

VLCメディアプレイヤーのメニューバーのメディア(M)→変換/保存(R)を選択。

01.png

DTS-HDの動画や音声を追加して変換/保存ボタンを押す。

02.png

プロファイルにAudio-CDを選択して、出力ファイルを設定して開始ボタン。

03.png

カプセル化にWAVを選択。

04.png

ビデオコーデックのビデオの項目のチェックが外れているか確認。

05.png

オーディオコーデックタブのオーディオにチェックが入っていることを確認し、
コーデック : WAV
サンプリングレート : 48000 Hz

06.png

字幕は不要なのでチェックが外れているか確認して保存ボタン。
DTS-HDからWAVファイルに変換されます。

動画と変換したWAVファイルを多重化してTMPGEncで読み込ませる。
続きはそのうち書きます。

Pagination

Utility

スポンサードリンク

Entry Search

Page

  • ページが登録されていません。

コメント

Feed

スポンサードリンク