Entry

Category: パソコン

Live USBと仮想PC

PCにインストールされているOS以外のOSを起動させるツール。
どちらも目的は同じですが、使い勝手はかなり違います。

Live USB(USBからOSを起動)

  • 起動手段がUSBしかない緊急時には有効
  • USBの転送速度の問題で全体的に遅い
  • USB起動ができないPCもある
  • biosからブート順序を変更する必要あり

仮想PC(デスクトップ上で別OSを起動)

  • Windows上で別のOSを起動
  • ソフトウェア(VMware Workstation Player等)が必要
  • OSを2つ立ち上げるため、マシンスペックが必要
  • 通常起動するPCじゃないと基本使えない

個人的感想

HDDからの起動ができない場合はLive USBは確かに便利。
ただ、それぐらいしかメリットがない気がする。

Live USBはbiosの設定を変更する関係で、
設定変更するスキルがない場合はUSB起動ができない。
設定変更した後に戻し忘れるとUSBを抜いた時に、
PCが起動しなくなる可能性がある。

普通に起動する環境なら仮想PCが便利。
CDドライブがあればCDからのブートもできますし、
USBとCDメディアのコスト差を考えても、
緊急時用に持っておくならCDかなぁ。

ドコモメール dアカウント設定

色々詰まって右往左往したのを簡単にメモ。

使用端末
 ・zenfone3(以下zen3)
使用SIM
 ・ docomo foma SIM(以下sim)

うまくいかなかったこと

zen3にsimを差し込みネットワーク設定。
マイドコモからドコモメールのdアカウントを設定するには、
wifiを切った状態でdocomoの3Gのモバイルネットワーク接続が必要。

そのため、アクセスポイントにSPモードを設定する。
(SPモードの契約は事前にしておくこと)
151に聞いてもやはりSPモードで接続するようにアドバイスを受ける。
SIMフリー端末でもアクセスできると言われた。

やってみるとアクセスできない。
LTE端末だとアクセスできない機種もあるみたい。

zen3のアクセスポイントをSPモードにするとアンテナが立たず受信不能になる。
結果マイドコモどころか通話すらできなくなる。

再度151に電話してdocomoから設定を変えてほしいとお願いをしてみるが、
ドコモの端末から操作してくださいと突き返される。
その端末がないから困ってるってのに。

ドコモショップで端末を貸し出していることもあるとのこと。
ドコモショップはいつも混雑してる上に、
貸出してくれるかどうかもはっきりわからんので、
ドコモショップはあきらめてドコモ端末を買い直しすることに。

うまくいったこと

以前使用していたドコモ端末を中古で買い直し。
(ちなみに1200円ジャンク扱いのモノを買ってきた)
simを差し込みブラウザからマイドコモにアクセス。
設定不要であっけなく接続できた。

dアカウント設定を「利用する」に変更して作業終了。

買ってきたジャンク端末はwifiが死んでるらしく機能しないが、
3Gのモバイルデータ通信は生きていたのがラッキーだった。
ドコモの設定専用端末として手元に残しておくことに。

zenfone2 laser ディフォルトの通知音を変更しようとするとエラー

zenfone2 laserで、
ディフォルトの通知音を変更しようとするとエラーが出る場合、
ASUS Messaging - SMS & MMSをインストールすればOK。

不要かと思ってアンインストールしてると思いますが、
これを削除するとディフォルトの通知音を変更できなくなります。

Google Playで再度インストールしなおしてください。

sms.jpg

ノートン更新時の有効期限を新プロダクトキーに統合

ノートンを更新する際、
新しいプロダクトキーを入力すると、新しい有効期限に上書きされます。

有効期限が残っていても、
新しいキーを入れると新しいキーの有効期限のみになります。
残数は消えてなくなっちゃうわけです。

そのため、有効期限ギリギリで更新するのが無駄のない方法ではありますが、
ノートンのチャットサポートを使うと新しいプロダクトキーに残数を移してもらえます。

3年版のノートンセキュリティを購入直後の状態。
残り1096日になってます。
今まで使っていたノートンの有効期限は反映されていません。

01.png

ノートン公式HPのサポート→お問い合わせを選ぶと、
ライブチャットと呼ばれるチャットによるサポートが受けられます。

問い合わせ要件を書いてチャットサポートを受ける。
以前使用していたノートンの有効期限を、
新しいプロダクトキーに移せるかどうかを聞いてみることに。

サポート  :
旧製品はまだ有効期限が残っている場合、
一旦新製品(プロダクトキーが違う製品)をインストールいたしますと、
または新製品のプロダクトキーを入力いたしますと、

サポート  :
新たなプロダクトキーでアクティブ化されることにより、サーバー上では、
新しく入力された新製品(プロダクトキーが違う製品)のプロダクトキー
のみが認識され、旧製品の残り日数は、反映されないことになっております。

サポート  :
ただし、この原因で旧製品の残り期限がなくなった場合、
弊社ではサーバー上で旧製品の残り期限を新製品に追加することが可能でございます、
ご安心いただきますようお願いいたします。

サポート  :
さきほど弊社のデータベースにて前の製品の残り日数を新製品に追加させていただきました。
お手数ですが、以下の手順どおりに新製品の有効期限をご確認いただきますようお願いいたします。

1.Norton 製品を起動する。
2.右上の「サポート」をクリックする。
3.「有効期限の状態」をクリックする。

02.png

有効期限が新しいプロダクトキーに移されて増えましたー!
テーレッテレー。

有効期限は最長4年

サポート :
確認させていただいたところ、
ご新規購入された製品はノートン セキュリティデラックス3年版製品でございます。

サポート :
旧製品はNorton Internet Securityで、
残り有効期間は612日でよろしいでしょうか。

サポート :
恐れ入りますが、こちらより、
有効期間を統合できますが、統合された場合、4年に超えない仕様でございます。

サポート :
統合してもよろしいでしょうか。

ということで3年版を買う予定の人は残日数を1年以内にしてから買わないと無駄になります。
統合で私は250日分ぐらいの利用期限を捨てたことになります。

ノートンセキュリティ デラックス 1年版(Windows/Mac/Android/iOS対応) [オンラインコード]  ノートンセキュリティ デラックス 3年版(Windows/Mac/Android/iOS対応) [オンラインコード]

ノートンのCMがリアルな件
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13966927

TSdrena アナログ→ HDMI変換コンバーター HAM-CCHHJ

赤白黄色のコンポジット端子をHDMIに変換する機械。

01.jpg

Input(入力側)は昔のテレビ配線でおなじみの赤白黄端子です。
HDMIをそのままHDMIでパススルーできるので、
レトロフリークやPS4とレトロゲーム機を同時に接続できます。
映像出力はどちらか一方しかできませんが。

02.jpg

こちらは出力側。特にコメントは必要ないと思います。

03.jpg

一番気になるのはやはり遅延。
私の感覚ではゲームするには差し支えないレベル。

GCのPSOやバイオハザードで遊んでみましたが、
操作に違和感がでるような遅延はありません。

アスペクト比はそのまま出力されるみたいです。
今主流の16:9比率の横長画面に無理やり引き伸ばされるようなこともないです。
なので、4:3比率の昔のゲーム機の映像を出すと、
モニター両端は黒い帯になります。

相性保証してるのもポイント。
動作しない場合は返品OKとのことで安心して買えます。

1,2千円台の映らないノイズが入るとか遅延がひどいなんていう、
製品の品質を疑うレビューが大量にあるものを買うより、
ちょっと高めではありますがこちらを買ったほうがいいんじゃないかなと思います。

DTS-HDを変換してTMPGEncで読み込む

TMPGEncはDTS-HD音声に未対応で、音声がエンコードできません。

DTS-HDを一旦読み込み可能なフォーマットに変換して、
TMPGEncで読み込ませてエンコードの流れ。

VLCメディアプレイヤーのメニューバーのメディア(M)→変換/保存(R)を選択。

01.png

DTS-HDの動画や音声を追加して変換/保存ボタンを押す。

02.png

プロファイルにAudio-CDを選択して、出力ファイルを設定して開始ボタン。

03.png

カプセル化にWAVを選択。

04.png

ビデオコーデックのビデオの項目のチェックが外れているか確認。

05.png

オーディオコーデックタブのオーディオにチェックが入っていることを確認し、
コーデック : WAV
サンプリングレート : 48000 Hz

06.png

字幕は不要なのでチェックが外れているか確認して保存ボタン。
DTS-HDからWAVファイルに変換されます。

動画と変換したWAVファイルを多重化してTMPGEncで読み込ませる。
続きはそのうち書きます。

SecureOTPで困ったこと

secureotp.jpg

スマホ用のアプリのほか、BRUCE KEYのトークンもあります。
今回困ったのはスマホアプリのSecureOTPでのこと。

SecureOTPに登録した情報が端末の初期化をしても消えない。
初期化しても端末内に残ってるようで、
初期化しても違うニックネームで再登録ができない状態になってしまった。
具体的言うと初期化→SecureOTPインストール→起動→
→いきなりアカウント復元用の質問の答えを求められる。

端末を暗号化してから初期化すれば消えそうな気もしますが、
F-09Dは端末の暗号化がないのでそれもできず。

登録済みの端末を中古とかで買ってくると、
SecureOTPは使えませんし、
登録してしまった端末を誰かに渡すと、他人に利用される可能性があります。

なんでこんなシステムの内部に食い込む仕様になってるんだろう。

Anker Astro M3 & cheero Power Plus 3

モバイルバッテリー。
容量、価格がほぼ同じでどちらがいいか・・・。
アマゾンではなぜか両方ともベストセラー1位になってます。
充電器・チャージャー部門と、
モバイルバッテリー部門でそれぞれ1位になっており紛らわしい。
で、どっちが一番なんだと。

  Anker Astro M3 cheero Power Plus 3
容量 13000mAh 13400mAh
電池 - 日本製(SANYO)
本体 147x62x22 mm 92x80×23 mm / 245 g
保証 18か月 6か月
充電 コンセント USB

カタログスペック的にはcheeroのほうが上っぽい。
充電がUSBから行うのでちょっとめんどくさいかもしれない。
USBからコンセントへの変換アダプタは別売り。

電池がエネループ製造元の三洋電機なのはかなり高ポイント。
製造原価が高いせいか、保証期間が6か月と短くなってます。

ANKERは楽天に公式ショップを持っているため、
ポイント込で計算をすると安上がりになることもありそう。

コスト重視であればANKERが有利。
cheeroはサイズが小さく日本製電池が使用されているため、
日本人好みの仕様になってます。

なかなか選択が難しいところですな・・・。

zenfone5保護フィルム by ダイソー

zenfone5で使えそうな保護フィルム。
ダイソーで買いました。

film.jpg

5.2インチ用(70mm x 120mm)と、
5.0インチ用(67mm x 114mm)が置いてありました。
結論から言うと、両方使えます。

5.2インチ用は横幅がほぼぴったり。
両サイドに1mmぐらいの幅ができるぐらい。
ちょっと斜めるとはみ出てしまうため、貼るのは結構難しい。
液晶の下のボタンまで保護できます。

5.0インチ用は液晶表示部分まで。
小さいほうが貼りやすいので、
フィルム貼りが苦手な人はこっちのほうがいい。

両方に共通していえること

1枚の台紙に保護フィルムが張り付いてます。
高い保護フィルムのように半分だけはがして位置合わせとかできません。
貼り付け難易度は高いです。
私は台紙のほうをあらかじめはさみで1cm切って、
仮止めできるように細工してから貼りました。

防指紋と書いてありますが、
表面がテカテカのクリアコートです。
べったり指紋はつきます。

パターンでスマホにロッをかけてる人は、
指でなぞった跡が残りますので注意。
ロック解除したら画面を拭って証拠隠滅。

気泡が入りにくいという表示があるように、
たしかに気泡は入りにくかったです。
入っても押し出すのが簡単。

8インチ等の大き目の物を買ってカットする方法はお勧めできません。
カットした部分がどうしてもけばだってしまうため、
引っかかってはがれやすいです。
ポケットに入れるとすぐはがれます。

レザーケース ブラック RT-AZ5LBC1/B

ASUS ZenFone5 A500KL用の手帳タイプのカバー。

公式HPでも大きさが書いてなかったので購入しようか迷ってる人の参考になればと。

15.3cmぐらい

01.jpg

7.8cmぐらい

02.jpg

1.8cmぐらい

03.jpg

このケースのいいところといえば、
留め具が背中側に配置されてること。

液晶側には凹凸がないので、
鞄に入れて押されても液晶画面に変な力が加わりません。
液晶側から伸びている固定具の紐の付け根も凹凸ができないように作ってあります。

内ポケットにカード類を入れちゃうと圧力が均一にならないので、
外側から圧力がかかると傷がついたりする原因になります。

背面部分はzenfone5を固定するためにプラスチックケースがついてますので、
留め具のついている背面部分についても外部から力が加わっても、
本体に傷ができることはないんじゃないかな。

Pagination

  • Page
  • 1
  • 2
  • 3

Utility

スポンサードリンク

Entry Search

Page

  • ページが登録されていません。

コメント

Feed

スポンサードリンク