Entry

Category: WEB制作

Xdomain無料サーバー + ValueDomain + Cloudflare = freo

Xdomainの無料サーバーを使ってfreoを動作させます。
ついでにValueDomain(以下VD)で管理してるドメインとキャッシュサーバーにCloudflareも使います。

無料サーバーの登録やVDでのドメイン購入等の初期設定は各自で終わらせてください。

Xdomainサーバーの注意点

ドメイン設定でドメインを登録すること。
その際、「他社管理のドメインを追加する」で追加することになりますが、
エックスドメイン指定のネームサーバーをまずはコピペ。
VDのコントロールパネルにログインしたらネームサーバー変更の項目で、
エックスドメイン指定のネームサーバーを追加してください。

vd_nameserver.png

私の場合ですと、
ネームサーバー3~5にXドメイン指定のネームサーバーを入れます。

Xドメイン側に独自ドメインが追加されたら、指定のネームサーバーは削除。

xs_domain.jpg

Xサーバーのサブドメイン設定からサブドメインを追加。
とりあえずblogというサブドメインを作成。

xs_subdomain.png

ffftpを使ってサブドメインのフォルダにアクセスする。
アクセスするには、XサーバーのコントロールパネルにあるFTPアカウント設定を表示させる。

xs_ftp.png

ページ下のFTP接続情報をメモって下さい。
あとで使います。

メニュー→編集でFTPのパスワードを登録。

ffftpを起動し、
ホスト名、FTPアカウントID、パスワードを入れてFTPでアクセス。

ffftp1.png

登録したドメインの領域にアクセスできます。
blog.example.comというようなフォルダがあると思います。
そこがサブドメインの領域です。

ffftp2.png

blog.example.comのフォルダ内にfreoをアップロード。

次にCloudflareにアクセスします。
DNSを選択し、Typeに「A」、Nameに「blog」IPv4 addressにIPを入力します。

IPv4 adressはffftpで入力したホスト名をIPに変換したものを入れてください。
http://wolfside.com/i/x/lookup.php
上の空欄にホスト名を入れてHOST→IPにして変換ボタンを押すとIPに変換されます。

cf_dns.png

これで完成。
すぐには接続できません。数時間ぐらいかかりますのでしばし待機。

サブドメインのURLでアクセスできるようになったらfreoのセットアップを行ってください。

freoセットアップはPHPのバージョンに注意

PHP5.5.30でないとエラーが出ます。
XドメインのコントロールパネルからPHPのバージョンを確認してください。

php.iniでdisplay_errorsをoff,
mbstring.internal_encodingとmbstring.http_outputはUTF-8のほうがいいかも?

さくらVPSの設定メモ

ド素人の私がVPSに挑戦し、
設定マニュアル的なものを見てもわからず、行き詰まった箇所をメモ。
私と同レベルのスキルの人が引っ掛かりそうな箇所。

CentOS 6 x86_64
nginx
php-fpm
vsftp

上記の構成を目指して設定した時のものです。

Webサーバーの選択

apacheとnginxがあります。
解説サイト等での解説はapacheが多い?ので、apacheのほうが無難。
nginxは軽くて速いと言われているため、私はこちらを選択。
ネットでの解説がapacheより少ないため、難易度は少し高いかもしれない?

PHP関連設定

CentOSにNginxをインストールしてPHPを使う
参考URL : CentOSにNginxをインストールしてPHPを使う

標準のPHP5.3ではなく5.5をインストール
参考URL : 【シンプル】CentOS6にPHP5.5をyumで簡単にインストールする

PHP5.5のZend OPCache設定
参考URL : PHP 5.5 から導入された Zend OPCache を設定

PHPにアクセスすると404エラー
参考URL : アクセスするとNOT FOUND(404)になってしまう

vsftpd関連設定

FTPサーバー導入
参考URL : さくらVPSでFTPサーバー導入

HTMLディレクトリの所有者をFTPユーザーに変更する必要がある。
これを変更しないとFTPクライアントからアップロードができません。
あらかじめftp用のアカウントとftp用のグループを作成しておき、
そのftp用アカウントにディレクトリの権限を与える。
参考URL : FTPソフトでファイルをアップロードできないときの対処法

nginxのディフォルト設定では、
/usr/share/nginx/htmlがwebサイトで表示されるフォルダです。
レンタルサーバーだとpublic_htmlフォルダに相当するやつです。
ここにファイルをアップロードしますのでftpユーザーに権限を与えます。
chown -R hoge:hogegrpup /usr/share/nginx/html

FTPS通信でファイル転送
OpenSSHはさくらVPSでは最初から使えます。
vsftpdにFTPS用の設定を追記するだけでOK。
参考URL : vsftpd で FTPS 環境を構築する (CentOS 5.5)

不要なデーモンを停止

使用しないものを停止すると、メモリが節約できます。
参考URL : 不要なデーモンを停止させる (CentOS 6.5)

ど素人がConoHa VPSを借りてみた

Cent OSというのを触ったことがなかったのでいきなり悪戦苦闘した。
忘れないうちにメモ。
新規でアカウントを作成すると1500円分のクーポンがついてきますので、
メモリ1GBプランなら1か月半ぐらい無料でお試しできます。
お試し期間がかなり長く設定されてるので、じっくり確かめられますね。

Cent OSを起動させ、rootでログインしようとした際、

login: root
Password: _

rootはキーボードの入力を受け付けるのに、
Passwordはエンターキー以外何を押しても無反応。

これじゃパスワード入力できないじゃないか!と思いきや、
表示されてないだけでしっかり入力されてます。
パスワード入力でお馴染みの「 *** 」みたいなアスタリスクも出ません。

画面のPassword: _に何の変化もないけど、
パスワードを打ち終えたらエンターを押すとOK。
ログインできました。

公式サイトの漫画で解説もされてますが、
その解説にもパスワードを打ち込んでも非表示という説明がなくて、
USBマウスやキーボード外してみたりして、変なことしてましたよ私。

コントロールパネルまでConoHa

トップページだけで中は他のVPSと一緒でしょう?
と思ったらちょっと違ってた。
コントロールパネルもちゃんとキャラクタが登場します。

conoha_contorole.jpg

warning.jpg

設定方法は簡単。

conoha_setting.png

画面右上の日本の国旗をクリックすると、言語設定が変更できます。
このは(このは)を選ぶだけ。

freoのツイートボタン(Javaスクリプトを使わない)

中途半端すぎて微妙だったのでどうしようかと思ったけど、書いておくことに。

<a href="http://twitter.com/share?url={$freo.core.http_file}/view/{if $entry.code}{$entry.code}{else}{$entry.id}{/if}" target="_blank"><img src="http://ツイートボタンのアイコンのURL" width="??" height="??" alt="ツイートボタン"></a>

Javaスクリプトを使用しないため、
使用する方法のツイートボタンよりも軽いです。

記事タイトルをURLエンコードで挿入する必要がありますが、
その方法が私にはわからないので、記事のタイトルは非表示です。
本来は赤字の部分にタイトルを入れますが、
URLエンコード処理をしないとIEブラウザだと認識されずにツイートできません。

<a href="http://twitter.com/share?url={$freo.core.http_file}/view/{if $entry.code}{$entry.code}{else}{$entry.id}{/if}&text={$entry.title}" target="_blank"><img src="http://ツイートボタンのアイコンのURL" width="??" height="??" alt="ツイートボタン"></a>

本当はURLエンコードして$entry.titleに挿入できればいいんですが・・・。

CloudflareでSSLが無料で使えるようになった

Cloudflare settingsにあるSSLを、
OFFからFlexible SSLにするだけですね。

https://blog.misanyan.com/

これがSSLの準備中の合図
この段階だと証明書エラーが出ます。

ssl.png

こっちが有効化された時。
私の時で4,5日かかりました。

ssl2.png

https://のサイト内にhttp~のURLが混ざってると、
コンテンツが非表示、またはブラウザ側で警告がでます。
ニコ動の外部プレイヤーとか、画像とかそういうのですね。
外部サイトや暗号化通信されてないファイルを読み込むので、
セキュリティ的に問題があるからだと思います。

混在したコンテンツを許可すればいいのですが、
ユーザー側に変更を要求することになるので、ちょっと現実的じゃないような。
Chromeは混在したコンテンツの許可ができないようですし。

CloudflareでSSLを有効にしても、
サイトの内容次第ではSSLで運用するのは難しいですね。

追記

httpsに対応していないニコ動の外部プレイヤーなどが理由で、
SSLでの運用は難しいと書きましたが、それ以外にも問題になる点があります。

データ転送は暗号化されているため、
ブラウザでデータを複合化して表示します。
そのため若干レスポンスが落ちます。

Flexible SSLの場合、
ブラウザからCloudflareまでが暗号化されているだけという点。
個人情報などをサーバーに向けて送信する場合、
ブラウザ→暗号化→Cloudflare→非暗号化→Webサーバーとなるわけで、
セキュリティ的には問題があります。

困ったことに、
エンドユーザー側からはSSLで暗号化されているように見えてる。
途中経路では暗号化されていないにもかかわらずである。

Flexible SSLは利用者側にとってメリットがあるというよりも、
Web管理者側にとってメリットがあるという点が大きいのがポイント。
SSLにしたのは利用者のためではなく、
サイトの検索順位を有利にするなど管理者側の都合によるところが大きい。
利用者側はSSL!安心!と決めつけず、注意が必要。

Cloudflareに画像だけキャッシュさせる

Cloudflareとリバースプロキシを併用しようかなぁと思ったところ、
どういう設定がいいんだろうと一案考えてみた。
VPS借りるかどうかわからないけど、忘れないうちにメモってみる。

Cloudflareにキャッシュさせるのは画像だけにする
→ サーバーの転送量を抑えられる
→ HDDへのアクセス減が見込める
→ パージする必要はないのでほっときっぱなしにできる

CloudflareのPageRulesで

http://example.com/*
キャッシュをバイパス

http://example.com/files/*
キャッシュさせる

順番を間違えないように。
上から優先順位が高い。
逆にすると全てがキャッシュされてしまう。

いったん全てのファイルをバイパスさせて、
files以下だけキャッシュさせる設定になる。

それ以外はリバースプロキシにキャッシュさせる。
負荷的に無理なら、キャッシュ処理は全てCloudflareに任せる。

グーグルさん頑張りすぎ

CloudflareのAnalyticsを見ると・・・
6人に1人がグーグルbotという切ない状態だった。
サーバーの負荷が高いのはこれが原因じゃないですかやだー。

ウェブマスターツールで頻度を落としてみることに。
歯車のマークからサイト設定→クロール速度

このサイトには、特別なクロール速度が設定されています。
このクロール速度を変更することはできません。

え?特別?なにそれこわい。

CloudflareなどのCDNを使ってると、
グーグルbotのクロール速度を変えられないようです。

Webサーバーを移転しようか検討中

更新まで約10か月余裕があるため、
まだ先の話ですが一応考えておくことに。

Cloudflareが総量の3/4ぐらいをカバーしてるので
実質1/4程度しかサーバーに負荷がかかってないのに、
サーバー内の負荷率ランキングは結構上のほう。
まだまだ基準内ではあるけど。

一部html化したりして負荷を抑えようと頑張ってはいるけど、
手間がかかりすぎてかなりつらい。
移転するのがスマートかな。

現在 CORE-A(5,142円)
候補

CORE-A(5,142円) *気合で現状維持
CORE-B(10,182円)
CORE-VPSプランの予定があるらしい

エックスサーバー(12,960円)

さくらVPS(11,088円)

GMOクラウドVPS(12,096円)

コアサーバー

使い慣れたコアサーバー。
GMO系になってからはサーバー、サポートが多少よくなった。
CORE-Bに移るのが最も手間がかからない。

長時間サーバーが高負荷状態でも、
サポートに文句が入るまで対応されない。
言えば対応してくれるが言われるまでは放置。
重いならサーバーを移転してくれとかとんでもない提案してきた、
GMOになる前よりはましにはなってるけど。
この辺はGMOになった今でもサポート体制が悪いと言わざるを得ない。

安定性に難あり。
これがなければ迷わずCORE-Bに移るんだけどなぁ。

CORE-VPSプランも検討中とか言ってるけど、
数年前から言ってるよねそれ。
いつ始まるの。

エックスサーバー

エックスサーバーをべた褒めしてるサイトが多くみられるが、
これはアフィリエイト報酬が多いからという理由も影響しているため、
話半分で聞いておいたほうがいい。

エックスサーバーは1サーバーあたりの収容人数が多いのが気になるところ。
収容人数が増えると不安定、高負荷になるのが常ですが、
不評なコメントはそれほど見当たらないので、
リソースの割り当てに不平等が出ないようちゃんと調整されてるみたい。
安定性を重視するのであれば検討価値あり。

一度お試しでエックスサーバーに移転したことがあったのですが、
速度的にはCORE-Aのほうが速かったので私的にはイマイチ評価は低い。
リソース制限に引っかかるといろいろめんどうそう。

VPS

VPSはnginxとリバースプロキシでキャッシュさせることができるらしいので、
ブログのキャッシュ機能やCloudflareが必要なくなるというのは最大の強み。
メモリ1Gプランでたりるのかな・・・よくわからないけど。
無理そうならまたCloudflare併用することになるが、
Cloudflareを使うならVPSじゃなくても別にいいのよね。

VPSプランは各社いろいろでてるけど、
さくらVPSがいいのかなぁ。

コアサーバーのPHPバージョン

コアサーバーはPHP5.3、5.4、5.5が使用できます。
標準では5.3になってました。
コアサーバーにログインしてコントロールパネルから設定できます。

5.3は2014/07/10にサポート切れとのとこで、
特別な理由がなければ5.4以降に上げたほうがよいかと。
ということで5.5にしてみた。

めっちゃというのは言い過ぎだけど、明らかに体感速度で遅くなった。
コアサーバーの説明では最も早いってなってるのに、
5.5にするとほかのバージョンより最も遅いんだけど(笑)
サーバーサイドなのかfreoが原因なのかよくわからず。

5.4だと5.3の時と変わらない体感速度。

サポートに問い合わせると、
サーバー側の問題ではないのでブログシステムが原因と考えられますとのこと。
freo使ってる人でPHP5.5だと遅いんだけどっていう人いるのかなぁ。
検索しても出てこないから私の環境依存なんだろうか。

コアサーバーのアカウント負荷率について聞いてみた

アカウントの負荷率は「0」になりますよう
可能な範囲で調整いただきましたら幸甚に存じます。

ただ、サーバー全体の負荷が高まった場合に制限をいたしておりますが、
手動の場合は、特段、絶対的な既定値をさだめてはおりません。
アカウントの負荷率5000pt以上のアカウントに対して、その都度、精査いたしております。

アカウントの負荷率に加え、転送量ならびにリクエスト数と
合わせて見させていただいております

サポートからの返答でした。

アカウント負荷率が5000を超えるとチェックが入るようです。
状況を見て制限かけられます。
日常的に負荷率5000を超えてる人は負荷が下がるように配慮しましょう。

コアサーバーといってもプランがいろいろあるので、
プランごとに違うのかまでは不明。

バリューサーバーの負荷率とは基準が全然違うようです。
https://twitter.com/VALUESERVER/status/335969299019735040

Pagination

  • Page
  • 1
  • 2
  • 3

Utility

スポンサードリンク

Entry Search

Page

  • ページが登録されていません。

コメント

Feed

スポンサードリンク