Entry

レトロフリークの吸出し機能について

06/17
わかりにくい箇所を書き直しました。
内容自体はそんなに変わってません。
Win32 Disk Imagerがバージョンアップしてたので、
それについて書き換えてます。

標準でも11機種に対応したレトロゲーム互換機。
別売りカートリッジアダプタで対応機種がさらに増えます。

レトロフリークにインストールしたゲームソフトは、
独自の暗号化が施されており、
インストールしたレトロフリークでしか動作しないようになってます。

PC用のエミュレータでも動作するよう、
暗号化されていないゲームデータの吸出しを行います。

重要 : これらは全て自己判断・自己責任で行ってください。
記載されてる内容は無保証です。
行ったことに対して何があっても人のせいにはしないでください。

必要なもの

1 . レトロフリーク

記事を書くにあたって使用したバージョンはv2.6です。
v2.6以上のバージョンでは動作しない可能性があります。

基本的にバージョンダウンできません。
バージョンアップでretrofdが使用できなくなる可能性があります。
アップデートする際は慎重に。

2 . microSDカード

16GB以上のmicroSDカード
8GBを含むそれ以下の容量のmicroSDカードでは、
retrofdがmicroSDに入らないため使えません。

microSDカードリーダーがPCについてない場合は、
microSDカードリーダーが別途必要になります。
私は以下のカードリーダーを使って書き込みしました。

3 . retrofd

ダウンロード先は以下から
https://github.com/hissorii/retrofd/releases

microSDカードは16GB以上が必要です。
必要なretrofdはmicroSDカードより一つ下の容量のものを選んでください。
microSDが16GBなら、retrofd_v1.0_8GB.zip。
microSDが32GBなら、retrofd_v1.0_16GB.zip。

microSDが16GBでretrofd_v1.0_16GBを使おうとすると、
容量オーバーで書き込みに失敗してしまうため、
microSDより一つ容量の少ないretrofdを使います。

DLファイルは10~30MB程度ではありますが、
圧縮ファイルを展開すると16GBや32GBのmicroSDサイズの容量になります。
展開場所の容量に注意。

4 . Win32 Disk Imager

retrofdのイメージカードデータをmicroSDカードに書き込む際に必要になります。
16GB以上のmicroSDカードを用意してください。

Win32 Disk Imager
https://osdn.jp/projects/sfnet_win32diskimager/

配布サイトに行くと、緑色のボタン「ダウンロードファイル一覧」があります。
それをクリック。

ずらずらとリンク先リストが出ますが必要なのは、
ArchiveのWin32DiskImager-1.0.0-binary.zipです。
ダウンロード&ダウンロードしたファイルを展開してください。

 

Win32 Disk Imagerを起動。
image Fileにダウンロードしたretrofdのrfd.imgを指定。
DeviceにmicroSDカードのドライブ名を指定。
デバイスに指定するドライブを間違えないでください。

 

Image FileとDeviceを指定したら[ Write ]ボタンを押してください。
書き込みが始まります。
書き込みは結構時間かかります。

 

Write Successful.が出たら終わり。
microSDカードにretrofdのフォルダが作成されていれば完成です。

retrofdを書き込み終えたmicroSDの容量は、
microsdが16GBの場合、8GB以下の容量、
microsdが32GBの場合、16GB以下の容量になりますが仕様です。

 右下のContinueのボタンを押すと続きが見られます。

設定変更

必ず[ terapad ]を使ってください。
めんどくさいと思いますが、使ってください。
terapad以外のテキストエディタでテキスト編集したところ、
retrofdが正常に動作しないという報告があがってます。
テキストエディタの判断で文字コードを勝手に変更しなおしちゃうソフトはダメ。

作成したmicroSDの中にファイルがあります。

retrofd.cfgファイルをterapadで開き、
記載されてる内容を書き換えます。
RF_LOGCD=no → RF_LOGCD=yes

rfd_logcd.shファイルをterapadで開き、
以下の内容に書き換えます。

rfd_logcd.shに最初から書いてある書いてある内容はいったん全部消して、
以下を丸ごとコピペすると楽だと思います。

コメント欄からいただいた情報です。
ひでむうちょさんありがとうございました。

#!/sbin/busybox sh

while ! busybox grep "/mnt/external_sd" /proc/mounts > /dev/null
do
busybox sleep 1
done
#busybox sleep 1

# copy log files(/mnt/ram/log/*) to SD(/retrofd/log) if new ones exist
srcd=/mnt/ram
dstd=/mnt/external_sd/retrofd/log
while : ;
do
busybox find $srcd -maxdepth 1 -type f | busybox sed -e 's/.*\///' | while read logfile
do
[ -f "$dstd/$logfile" ] || busybox sleep 10 && busybox cp "$srcd/$logfile" $dstd/
done
busybox sleep 1
done

設定変更終了後、レトロフリークにmicroSDを差し込んだ状態で起動
起動してからmicroSDを入れてもretrofdは機能しません。

吸出し開始

ゲームソフトを差し込み、ゲームをmicroSDカードにインストール。
インストールしたゲームを始める。

始めたゲームはとりあえずやめて、
また新しく違うゲームソフトを差し込み、インストール。
インストールしたゲームを始める。

保存場所はmicroSDのretrofd\logフォルダです。
ゲーム名-decrypted.NESやゲーム名-decrypted.SFCという名前で保存されています。
暗号化されたソフトと暗号化されていないソフトがmicroSDに保存されるため、
吸い出しに成功すると同じタイトルのゲームが複数ゲームリストに表示されます。

list.jpg

どのタイミングで吸い出されてるのかよくわかりません。
microSDがリロードされるとゲームリストが更新されます。
リロードされるタイミングがよくわからんので、microSDをPCで読み直したほうが楽。
レトロフリークのゲームリスト上に反映されてなくても吸い出せてることはあります。

容量の大きいソフトは吸出しに失敗してdump.sfcとかになってることがあります。
失敗してる場合もあるし、成功してる場合もあります。
暗号化されたデータと複合化されたデータの容量がほぼ一緒ならたぶん成功してます。
ROM Checkerで正常に吸い出せたかcrcの比較ができます。

何度やっても失敗してしまう場合は、
rfd_logcd.shの16行目の内容を書き換えて試してください。
[ -f "$dstd/$logfile" ] || busybox sleep 10 && busybox cp "$srcd/$logfile" $dstd/

[ -f "$dstd/$logfile" ] || busybox sleep 5 && busybox cp "$srcd/$logfile" $dstd/

数字を大きくすると大きい容量が、小さくすると小さい容量が吸い出しやすくなる
そんな気がします。
そんな気がするだけかもしれません。

romchecker_1.png

PC用のエミュレーターで動作確認してみます。
VirtuaNESの場合はヘッダ異常という表示が出ますが遊べます。

virtuanes.png

ゲームを遊ぶ上ではヘッダ異常でも問題ないみたいだけど、
エラー表示が気になる人はROM Checkerで修正可能。

NESヘッダ編集をクリックすると別画面が表示されるので、
$08-$0Fのデータをクリア(00)するにチェックを入れて編集ボタン。

romchecker_2.png

レトロフリーク←→エミュレータセーブデータ変換

方法は2つ。

1.[手軽]Webブラウザ上で変換する
2.[面倒]PCで変換する

1.レトロフリーク セーブ変換ツール
http://web.save-editor.com/tool/compatible_multi_retrofreak_save_converter.html

2.PCで変換する

レトロフリークに保存したセーブデータを、
エミュレータで使えるようにデータ変換を行います。
また逆にエミュレータ用をレトロフリーク用に変換もできます。

必要なもの

Retron 5 Converter
・ [PCにインストールされてなければ].NET MVC 4 Runtime
・ [PCにインストールされてなければ]Visual C++ 2010 Redistributable

注意点

PCのアカウント名(ユーザー名)に日本語(全角文字)を使ってると、
ユーザー名以下のディレクトリ、フォルダでは変換できません。
英文字のユーザー名で実行するか、
USBやHDD等の別ドライブで日本語名が入ってないパスにセーブデータを置いて下さい。

レトロフリーク→エミュレータ セーブデータ変換例

ファミコンのドラクエ4のセーブデータを変換してみます。

Retron 5 Converterを起動
Old file nameにレトロフリークのセーブデータ。
New file nameにはエミュレータ用のファイル名(任意).savと入力してください。

01.png

「Read from Retron5」のボタンを押すとエミュレータ用のセーブデータが生成されます。

VirtuaNESを使ってセーブデータを読み込んでみます。

virtuanes097j\saveフォルダに先ほど変換したエミュレータ用データを入れます。
その際の注意点としては、ゲームROMと同じ名前にしてください。

Dragon Quest IV - Michibikareshi Monotachi (Japan) (Rev A).nes
というゲームROM名なら、セーブデータのファイル名は
Dragon Quest IV - Michibikareshi Monotachi (Japan) (Rev A).sav
になります。

02.png

Dragon Quest IV - Michibikareshi Monotachi (Japan) (Rev A).savをsaveフォルダに入れて、
ゲームを開始してください。

エミュレータでセーブデータが読めれば完成です。

FAQ集

retrofdをインストールしたmicroSDカードをPCで読み込ませると、
「フォーマットする必要がある」と警告されます。

format.png

retrofdではwindowsで認識できないレトロフリーク用の領域を作成します。
windowsではretrofd用の領域が正しく認識できないため、
フォーマットしないと使えないよという警告表示が出ます。

それで正常です。
フォーマットはしないでください。

ディスクシステムは吸出しできますか?

後期型RAMのBIOSは吸い出せます(ver2.6で確認)。
ゲームソフトの吸出しできません。

吸い出したBIOS(RetroFreak\BIOSフォルダのBIOS)は暗号化されてます。
一般的なエミュレータで使用したい場合は、
retrofdを使い、暗号化されていないBIOSを作成する必要があります。

流れとしては、BIOS吸出し→ディスクシステムのゲームを遊ぶ→
retrofd\logに暗号化されていないbiosが作成される。

disk_ram.jpg

レトロフリークで吸い出したBIOSと、
別途用意したディスク用の吸出し機で、
ゲームソフトを吸い出せばレトロフリークでもディスクシステムが遊べます。

microSDを初期化したい。

全てのデータが削除されます。
大事なデータはバックアップしてから行ってください。

EaseUS Partition Masterを今回使いました。

retrofdのパーティションを削除するディスクを選択する。
他のディスクを間違えて選択しないこと!

01.jpg

ディスクを右クリックして「全てのパーティションを削除」を選択。
削除の確認画面が出るので「OK」。

02.jpg

未割当になればパーティションが削除されます。

03.jpg

パーティションを作成します。
ディスクを右クリックして「パーティション構成」を選択。

04.jpg

パーティションを構成したら、左上あたりにあるチェックマークボタンを押して変更を適用。
retrofd用に作成されたパーティションは削除されます。

05.png

アイピー 2018年2月号にも特集記事がありますので、
この記事で分からなければそちらも参考にしてみてください。
たぶん私の記事から書き起こしてるんだと思いますので、
内容ほぼ同じですが。

Pagination

Related Entry

Utility

スポンサードリンク

Entry Search

Page

  • ページが登録されていません。

コメント

Feed

スポンサードリンク