Entry

紛失防止スマートタグ Mikke

紛失防止スマートタグ Mikke
https://www.mssjapan.jp/mikke/

スマホとスマートタグを紐づけし、
ある程度の距離が離れると警告音が鳴り出します。
忘れ物防止用ツール。
忘れ物防止以外にも置き引き等の防犯タグや、
子供に持たせ迷子防止などにも利用できます。

動画ではけっこう離れてますが、
実使用時にはカバンの中に入れたり扉や曲がり角などの障害物があります。
あんなに遠くまで離れないと鳴らないわけじゃないです。
実使用時は10m~15mくらい離れると鳴りだします。

主な機能
・スマートフォンとタグの距離が離れると鳴動
・スマートフォンからタグに対して鳴動命令をかけられる
・タグからスマートフォンに対し鳴動命令をかけられる
・最後にスマホとタグのリンクが切れたところの位置をMAP表示
・電池交換可能

音量
・Mikke : 98db
・Mikke pitat : 85db

100db : 電車が通るときのガード下
80db : 地下鉄・電車の車内
とのことなので、
鳴れば両方とも十分うるさいです。

実際はカバンや服のポケットに入っていたりすることが多く、
カバンなどに入れてしまうとそれでも音は小さく感じます。

Mikkeは鳴動用ボタンが大きいため、
カバンやポケットに入れると、
意図せずボタンを押してしまい鳴動することがあります。
設定でスマートタグ側のボタンを無効にもできますが、
タグからはスマホを音で見つけることができなくなります。
(タグ側からスマホを呼び出すかどうかの設定はスマホからしかできない)

pitatは鳴動用ボタンが非常に小さいため、
誤動作を防ぐことができます。

このあたりが2種類のタグの特徴となります。

Mikkeを持つにあたっての注意

スマホとタグを紐づけして、
ブルートゥースで通信しあってます。

この接続が切れた時に警報が鳴り出す仕組みで、
なくしたものを見つける。というより、
なくす前に気が付かせるのが目的です。

ブルートゥース通信しますので、
スマホの電力消費が増えます。
とはいっても、微々たるものかと思われます。

落とした場合の追跡はほぼ不可能。

自分以外のMikkeユーザーがいれば、
位置の更新は可能です。
現状、Mikkeユーザーは少なく、
さらにMikkeアプリを起動しつつ、
GPSがONになっている人がはたしてどれぐらいいるのだろうか。
落としたモノが移動した場合はまず見つかりません。

アプリ設定

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.antilost.app3
https://apps.apple.com/app/id1009170318

アプリの説明がほとんどなく、
日本語も怪しい箇所があるため、私がわかる範囲で解説。
間違ってたらすみません。

1台のスマホに登録できタグは5つまで。
アプリから一覧表示されます。

アプリ側から登録タグに対して、
鳴動命令をかけられます。
タグのついたモノを家の中で探す時には便利。
タグについてるボタンを押すとスマホが鳴動します。
右上の電池マークはタグの電池残量です(たぶん)。

タグの設定は必ず確認してください。
設定を間違ってると鳴りません。

「電話機のアラート」は電話の警報を鳴らすかどうか、
「デバイスアラート」はデバイスの警報を鳴らすかどうか。
両方ともOFFになってると鳴動しません。

詳細設定の「電話機のアラートを無効にする」は、
タグ側のボタンを押したときにスマホを鳴らすかどうか。
OFFにしている場合はタグに付いたボタンを押しても鳴りません。

「デバイスをオフ」はスマートタグと通信OFF。
普段使用しない場合はOFFにしておくと、
誤鳴動防止になります。

「Wi-Fiセーフゾーン」は指定したwifiの範囲内にいるときは、
アラートを鳴らさないようにできます。
鳴らなくなるため、タグをwifi外に持ち出されても鳴動しません。

「スリープモード」は指定した時間の間はアラートを鳴らさない設定。
スリープモード中にタグを持ち出された場合はなりません。

「背景の実行」設定の中で非常に重要な項目。
バックグラウンドでMikkeを実行するかしないかの設定。
この設定をONにしないと、
スリープモードに移行した時にタグと通信が切れて鳴らなくなります。
常時タグとスマホを監視したい場合はこの項目はONにしてください。

それとは別に、バッテリーセーバーなどのアプリによって、
スリープ中に通信が切られてしまう場合があります。
そういったアプリが動作してる場合は設定を変えてください。

WUBEN 懐中電灯(フラッシュライト)

廉価モデルからハイエンドまで、
数多くのライト製品を扱ってる会社。

WUBEN製品の特徴
・ 価格は高め
・ 金属製本体で丈夫
・ 防水製品もあり
・ リチウムイオン電池採用の高光度製品あり

ということで、
少しこだわりのある人向けの懐中電灯になります。
防災用だったり、アウトドアだったり。

私が持っているWUBENライトを紹介。

WUBEN E01

 

単四電池1本で動作する、手のひらサイズのライト。
ポケットにも入る小さいライトですがかなり明るくなります。

最も明るいHighは40m先まで見えるようなので視界は十分とれます。
使用時間が1時間ほどと短いですが。

WUBEN L50

こちらはUSB充電式。
電池は付属しており、リチウムイオン充電池。
充電は本体に直接USBケーブルを接続して充電します。

アルカリ電池などの一般的な乾電池よりも電圧が高く、
乾電池より明るく光るようになっています。

光を絞るフォーカス機能がありません。
光の幅を広げたり狭めたりしたい場合は、
L60を使ってください。

WUBEN L60

L50とほぼ同じ。
電池もリチウムイオン充電池です。

大きな違いは光のフォーカスを調整できます。
大きさ、重さがL50より増えてます。
遠くまで光を飛ばしたい場合はL60を。

L60には明かりの広がりを絞る機能があり、
明かりを絞って夜空に向けて照射するとレーザーポインターほどではないにしろ、
光線がぼんやりと見えるぐらいの明るさになります。

以下は星空や星座などを指し示すために、
懐中電灯やレーザーポインターを探している方向けの内容です。

私の加入してる星のソムリエみたかで星空案内するときは、
レーザーポインターの使用は禁止されています。
指さしや懐中電灯を使用しての案内になります。

目に入った場合の視力障害の危険性や、
子供たちがレーザーポインターに興味を持ち誤使用の危険性があるためです。
人の顔にレーザーが入らないように注意しても無駄です。
興味津々の人たちはレーザー光を覗きこもうとします。

星座早見盤やスマホ用アプリを使ったり、
レーザーポインターを使わなくても解説は可能です。

レーザーポインターで案内する姿はスマートでかっこよく映りますが、
単なる自己満足でしかなく、リスクと天秤にかけた時に割に合いません。
姿ではなく解説をかっこよくキメたいですね。
私個人的にもレーザーポインターは使用はしないほうがいいと思ってます。

アマゾンの商品画像をSSL(https)へ変更する

アマゾンアフィリエイトで生成される商品リンクタグは、
httpから始まるもので、httpsサイトでこのタグを使用するとブラウザに警告表示がでます。

 

ブラウザによって多少挙動は異なりますが、
このような形でhttpsのサイトに画像等を呼び出しをかけるときに、
http://のURLから始まるアドレスがあると警告がでます。

閲覧上は特に問題ないのですが、
警告表示が出ると閲覧者は心配する人もいるため、
警告表示が出ないようにする工夫が必要になります。

httpsサイトで使用する場合は、
タグを以下へ変更することで対応可能です。

http://ecx.images-amazon.com/

↓ 以下へ変更

https://images-na.ssl-images-amazon.com/

サンプル画像

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41PVyB4sOpL.jpg

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41PVyB4sOpL.jpg

タグを変更したことで警告表示がなくなりました。

 

ads.txt ファイルの問題を修正してください。

 

わかる人だけの内容ですね。
何言ってんだこいつ?意味わからん。
と思った人には何にも関係のないお話です。

要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

こんなのがずっと表示されてて、
問題修正してるはずなのにいつまでも消えず放置してました。

ドメイン維持費やサーバー代などの運用コスト程度捻出できて、
赤字運営でないならいいやと思ってるので放置してたんですが、
エラー表示が出っぱなしというのは、
やはり気になるので修正方法を探すことに。

以下の状態で修正しろと言われ続けてました。

・ ads.txtは設置済み
・ adx.txtの文字コードはUTF-8N

ads.txtチェッカーがありました。
https://datasign.jp/blog/adstxt-checker-release/

;ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。

ある程度具体的なエラーがでるんですね。
これで少しは絞り込めた。
だがしかし、UTF-8Nで作成済み。

修正しろという内容が修正されているにもかかわらず、
エラーが出ている状態のため手詰まり。

.htaccessに以下の内容を追記してサーバーにアップロード。

<Files ads.txt>
AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>

サーバー側でads.txtの文字コードはutf-8ですと設定しちゃうとよいみたい。
文字コードによるエラーは修正されました。

[GC]ポケモンボックス

 

GC用ポケモンボックスにはGBAソフトとGBA用BIOSが入ってます。

エミュレータで外部利用できるもの

・ GBA BIOS
・ ポケットモンスター ルビー
・ ポケットモンスター サファイア

吸出し方法は割愛。
そんなに難しくないです。

ポケモンボックスのゲームディスクから、
データを吸い出します。

ディスク内のファイルから以下を探し、
拡張子をsrlからgbaに変更。

その後GBAエミュレータで読み込むと起動します。

ポケットモンスター サファイア
AAXPJ00.srl → AAXPJ00.gba

ポケットモンスター ルビー
AAXVJ00.srl → AAXVJ00.gba

ROM Checkerでは未登録になってしまいますが、
特に問題なく遊べそう。

GBA BIOS

main.dol ( deoault.dol )ファイルの、
バイナリデータアドレス
00175D30 ~ 00179D2F
までを切り抜き、gba.biosとでもして保存。

GBA用のBIOSがなくても動作するエミュレータが多いので、
あまり抽出する意味はないかもしれませんが。

ニンテンドークラシックミニ 収納ケース

ファミコンミニの収納ケース。
サイバーガジェット製になります。

収納できるモノ(一例)
 ・ ファミコンミニ本体
 ・ HDMIケーブル
 ・ 電源用USBケーブル
 ・ 電源用ACアダプタ

上記4つが全て収納ケースに収まります。
いざ遊ぶときになってHDMIケーブルがないだとか電源がないだとか、
慌てることがないので便利。

 

内ポケットにUSBケーブルとACアダプターが入ります。

ファミコンミニの横のスペースにHDMIが入ります。

収納ケースは固くしっかりしており、ケースとしての機能性も十分。

GC用どうぶつの森+ ファミコン一覧

GC用どうぶつの森+ / どうぶつの森e+に収録されているファミコン一覧。

どうぶつの森で遊ぶ場合は、あいことば等が必要な場合もあり、
現在ではファミコン(家具)の入手方法がなく遊べないものもあります。
ディスクに収録されているもの一覧です。

ディスク内から吸出し、エミュレーターで遊ぶことは可能。

クルクルランド

 

どうぶつの森+ / どうぶつの森e+ に収録されています。
ファミコンとディスクシステム(アーケード版)の2種類があります。

バルーンファイト

どうぶつの森+ / どうぶつの森e+ に収録されています。

ドンキーコング

 

どうぶつの森+ / どうぶつの森e+ に収録されています。

GC用どうぶつの森+吸出し

 

GC用どうぶつの森+とどうぶつの森e+のディスク内に収録された
ファミコンゲームをエミュレータで遊ぶ方法。

ディスクシステム版のクルクルランドはレアかも?

とてもめんどくさいので、
時間と労力をかけるだけのメリットはないと思います。
ファミコンやりたいだけならソフトは買ったほうが楽。

GCゲームディスクからの吸出しはわりと簡単。
解説サイトも多いので省略。
吸出しまでは各自でやってください。

GCのゲームイメージである.***isoファイルを展開し、
famicom.arcを取り出す。

ARC Extractor Ver 0.02をDL。
ARC Extractorを使い、famicom.arcを展開する。

レトロフリークの吸出し機能について

08/02 : rfd_logcd.shについて追記しました。
ログのセーブのタイミングがわかるため、吸出しが楽に。

標準でも11機種に対応したレトロゲーム互換機。
別売りカートリッジアダプタで対応機種がさらに増えます。

レトロフリークにインストールしたゲームソフトは、
独自の暗号化が施されており、
インストールしたレトロフリークでしか動作しないようになってます。

PC用のエミュレータでも動作するよう、
暗号化されていないゲームデータの吸出しを行います。

重要 : これらは全て自己判断・自己責任で行ってください。
記載されてる内容は無保証です。
行ったことに対して何があっても人のせいにはしないでください。

必要なもの

1 . レトロフリーク

記事を書くにあたって使用したバージョンはv2.7です。
v2.7以上のバージョンでは動作しない可能性があります。

基本的にバージョンダウンできません。
バージョンアップでretrofdが使用できなくなる可能性があります。
アップデートする際は慎重に。

2 . microSDカード

16GB以上のmicroSDカード
8GBを含むそれ以下の容量のmicroSDカードでは、
retrofdがmicroSDに入らないため使えません。

microSDカードリーダーがPCについてない場合は、
microSDカードリーダーが別途必要になります。
私は以下のカードリーダーを使って書き込みしました。

3 . retrofd

ダウンロード先は以下から
https://github.com/hissorii/retrofd/releases

microSDカードは16GB以上が必要です。
必要なretrofdはmicroSDカードより一つ下の容量のものを選んでください。
microSDが16GBなら、retrofd_v1.0_8GB.zip。
microSDが32GBなら、retrofd_v1.0_16GB.zip。

microSDが16GBでretrofd_v1.0_16GBを使おうとすると、
容量オーバーで書き込みに失敗してしまうため、
microSDより一つ容量の少ないretrofdを使います。

DLファイルは10~30MB程度ではありますが、
圧縮ファイルを展開すると16GBや32GBのmicroSDサイズの容量になります。
展開場所の容量に注意。

4 . Win32 Disk Imager

retrofdのイメージカードデータをmicroSDカードに書き込む際に必要になります。
16GB以上のmicroSDカードを用意してください。

Win32 Disk Imager
https://osdn.jp/projects/sfnet_win32diskimager/

配布サイトに行くと、緑色のボタン「ダウンロードファイル一覧」があります。
それをクリック。

ずらずらとリンク先リストが出ますが必要なのは、
ArchiveのWin32DiskImager-1.0.0-binary.zipです。
ダウンロード&ダウンロードしたファイルを展開してください。

 

Win32 Disk Imagerを起動。
image Fileにダウンロードしたretrofdのrfd.imgを指定。
DeviceにmicroSDカードのドライブ名を指定。
デバイスに指定するドライブを間違えないでください。

 

Image FileとDeviceを指定したら[ Write ]ボタンを押してください。
書き込みが始まります。
書き込みは結構時間かかります。

 

Write Successful.が出たら終わり。
microSDカードにretrofdのフォルダが作成されていれば完成です。

retrofdを書き込み終えたmicroSDの容量は、
microsdが16GBの場合、8GB以下の容量、
microsdが32GBの場合、16GB以下の容量になりますが仕様です。

Live USBと仮想PC

PCにインストールされているOS以外のOSを起動させるツール。
どちらも目的は同じですが、使い勝手はかなり違います。

Linux初心者向け!!Ubuntu LiveUSB作成~インストール方法・手順

Live USB(USBからOSを起動)

  • 起動手段がUSBしかない緊急時には有効
  • USBの転送速度の問題で全体的に遅い
  • USB起動ができないPCもある
  • biosからブート順序を変更する必要あり

仮想PC(デスクトップ上で別OSを起動)

  • Windows上で別のOSを起動
  • ソフトウェア(VMware Workstation Player等)が必要
  • OSを2つ立ち上げるため、マシンスペックが必要
  • 通常起動するPCじゃないと基本使えない

個人的感想

HDDからの起動ができない場合はLive USBは確かに便利。
ただ、それぐらいしかメリットがない気がする。

Live USBはbiosの設定を変更(USBメモリの起動順位を上位にする)する関係で、
設定変更するスキルがない場合はUSB起動ができない。
設定変更した後に戻し忘れるとwindowsが起動しない。
ちょっと面倒。
Windowsの代わりにUbuntuを使いたいなら、
動画の説明通りに行えば、簡単にインストールできる。

普通に起動する環境なら仮想PCが便利。
CDドライブがあればCDからのブートもできますし、
USBとCDメディアのコスト差を考えても、
緊急時用に持っておくならCDかなぁ。

Pagination

Utility

スポンサードリンク

Entry Search

Page

  • ページが登録されていません。

コメント

Feed

スポンサードリンク