Entry

Category: パソコン

Wifi子機 WDC-150SU2MBK をアクセスポイントとして利用

子機モードの説明は添付マニュアルに記載されていますが、
アクセスポイントの説明がなかったので書きました。

ELECOM 無線LAN子機 コンパクトモデル 11n/g/b 150Mbps USB2.0 WDC-150SU2MBK

ドライバのインストールまでは同じです。
モードをアクセスポイント(以後AP)に設定。

wifi1.png

APのメイン画面です。
まずは画面中央の設定ボタンを押してください。

wifi2.png

 画面中央の設定ボタンを押すと以下の画面がでます。

wifi3.png

ネットワーク名はスマホなどの端末から表示されるAP名です。
自分がわかりやすい名前を英数字で入れてください。

チャンネルはお好きなように。
他の家からもWifi電波が受信される環境だと、
チャンネル被りすると通信が不安定になりますので、
被らないチャンネルに変更してください。

ネットワーク認証を端末が対応している暗号化モードに。
WPA2が強度が強いです。スマホならたいてい対応してます。
ニンテンドーDSはWEPのみ。
3DSだとWPA2対応。

暗号化なし、ネットワーク認証なしで使うのは危険。

ネットワークキーは、APにアクセスしたときのパスワードのこと。
安易なパスワードは他者にログインされてしまいます。
英数記号のランダムなパスワードを設定してください。

設定が終わったらメイン画面に戻ります。

wifi2.png

インターネット接続共有(ICS)の設定にチェックを入れてください。
ディフォルトだとチェックが入ってません。

スマホからWifiのアクセスポイントを探して、
先ほど設定したログインパスワードを入れてAPにアクセスすればOK。

LOGICOOL G300r 購入

ロジクールのG300rという有線マウス。

このマウスの特徴
・ 価格が安い
・ 9ボタン(そのうち1つがモード切替用なので実質8)
・ マウスにキー割り当て保存可能(ボタン割り当てのためのソフトが不要)
・ マウスには3パターンのボタン設定が保存可能
・ ソフトインストールで複雑なマクロ割り当て可能
・ 3年保証(故障で新品と交換、送料等費用発生なし)

単純なボタン割り当て(Ctrl + vのコピーとか)なら、
マウス側に保存できるため、マウス用の常駐ソフト不要。
ゲーム操作のような複雑な割り当ては、ソフトウェアが必要です。
ゲームによってはチート扱いになる場合もありますので、
ソフトウェアによる割り当ては注意してください。

価格が安いのに3年保証で、
故障すると新品と交換になるので3年間は確実に使えます。
送料などは購入者負担の場合が多いけど、
会社負担でお金かからないのもGOOD。

そこで選んだのがG300rです。
標準でもほぼ使い勝手は問題なかったんですが、
マウスの移動速度が遅かったので設定をすることに。

オンボードメモリになってるのかを確認し、

setting1.jpg

キーの割り当てを設定します。
ディフォルトだと左2つがブラウザの進む戻るで右二つがコピペ。
私がやりたいことがディフォルト状態で設定されてました。
マウスの移動速度は250DPI単位です。
ディフォルトだと1000になってますが、私は1750をディフォルトに割り当てました。

左下の青赤緑は3モード切替の割り当てランプ。
それぞれにボタンが割り当てられます。

ブラウザ用ボタン配置、フォトショップ用、
ゲーム用みたいな感じでそれぞれ別々にボタンを割り当て可能。
ランプの色も自由に設定可能。
うざければランプはOFFにすることもできます。

レポートレートはマウスの反応速度です。
数値を上げると反応が良くなるけどPCの負荷は上がります。

一般的なマウスはレポートレート125らしいので、
FPSなどのコンマ何秒の世界が生死を分けるようなゲームでもなければ、
125でいいんじゃないかな。

setting2.jpg

設定はマウス本体に保存されるため、
設定が終わったらロジクールゲームソフトウェアはアンインストール。
複雑なマクロ操作を割り当てる場合はゲームソフトウェアは常駐することになります。

多機能、3年保証でこの価格なら満足。
アマゾンでゲーミングマウス1位になってるだけのことはある。

アマゾンリンク

LOGICOOL ゲーミングマウス G300r

使用後の感想

一般的なマウスよりボタン数が多いせいか、若干重たいです。
この重さで手が疲れる・・・。
解決策を考えることに。

解決策1 : マウスパッドを低摩擦のものに変更

ELECOM 滑るっ!マウスパッド ブラック MP-118BKパワーサポート エアーパッドプロ究極セットIII(エアーパッドソール付属、マットブラック) 標準サイズ PAQ-71

低摩擦マウスパッドのデメリットは値段が高いこと。
そしてマウスが反応しないというコメントがちらほら見られること。
どの程度滑るのかよくわからない上、
マウスが使えないリスクまであってハイリスクローリターン。

解決策2 : 手の負担を減らす

エレコム 疲労軽減リストレスト ”COMFY” ショート(ブラック) MOH-013BK

リストレストを使う。
ハンドタオルを丸めたり、靴下を丸めても代用できます。
コストゼロ~1000円程度でリーズナブル。

解決策3 : ひたすら我慢して慣れる

疲れる原因は筋力がないからなわけで、
使い続けて負荷に耐えられる力をつけてしまえばいい。

これが最も理想ではあるが、長期間の苦痛を伴う。

BDR-209BK購入

BDR-209BKとBDR-209BK/WSの違いは、
With SoftwareのWSです。
PowerDVD10がついてるのがWS。

バージョンがめちゃくちゃ古いので微妙ですけど、
数百円の差で再生ソフトが手に入るので、
持ってない人はWSのほうを選んでおくといいかもしれない。

バルク品のため、保証なし付属品なしの最小構成
bdr209bk1.jpg

本体、マニュアル(日本語と英語が各1)のみ。
取り付け用のネジやSATAケーブルは入ってません。

購入時点で、ファームウェアは現時点で最新の1.20でした。

bdr209bk2.png

LG製 BH10NS38から乗り換え。
3年ほど使用し、特に問題なく使えますが新しいドライブに変更。
BH10NS38はサブPCに2軍落ち。

BH10NS38はカタログ上では10倍速まで書き込めるらしいんですが、
購入当初から定格速度でしか書き込みできず。
よくわからないけどこんなものなのかと思ってたけどどうやら違うようだ。

BDR-209BKではBD4倍速メディアでも10倍速で書き込みできた。
焼きムラもなくきれい。
動作音もBH10NS38より静か。

同じメディアを使ってもやっぱりBH10NS38は4倍速までしかできない。
最初からこの状態だったから気が付かなかったけど、LG品は要注意。
LGが最安値だから、価格重視ならLGしか選択肢ないですけどね。

Amazon Price Tracker

amazon_price_tracker.jpg

Firefox用のアドオン。

こんな感じで商品ページに価格履歴が表示されます。
画像の場合だと今は値上がり中ですね。

Amazon Price Tracker
https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/keepa/

EaseUS Todo Backup

20140613.jpg

2014/06/10 - 06/13まで
http://jp.easeus.com/campaign/todo-backup-home.html
メールで送られてくるキーを使い、
13日12時までに認証しないといけないみたいです。
製品版として全機能を使用できますが、アップグレードとサポートなし。

バックアップソフトで有名なTrueImageを使っていましたが、
OSをアップデートするとインストールできなかったりして、
新OS対応のTrueImageを買いなおす羽目に。
買い替えコストも馬鹿にならないため、類似ソフトを探してみることに。
そこで見つけたのが、EaseUS Todo Backup

中国製ソフトですので、
抵抗のある人は避けたほうがよいでしょう。

OS(システム)のバックアップ
パーティションのクローン
ブータブルディスクからの復元
フリーソフトでありながら一通りバックアップソフトとしての機能を完備。

ブータブルディスクというのは、
OSが起動しなくなるとTodoBackupも起動できないわけで、
OSをインストールしなおしてから復元なんてやってるとめんどくさいから、
OSが起動しない状態からでもバックアップを復元させることができるディスク。
保険的な意味でブータブルディスクは作っておいた方がいい。

01.jpg

02.jpg

03.jpg

フリー版と有料版の違いは機能の制限。

フリーはデータ圧縮が標準まで。
Cドライブのみバックアップ可能。
バックアップファイルにパスワード保護でがきません。
ブータブルディスクは、WinPe版は使えずLinux版のみ。
システムの復元はLinux版でもできるから問題なし。

04.jpg

05.jpg

フリー版は機能制限され、やや使いにくくなっているものの、
バックアップツールとしては問題ないレベル。

TodoBackupの常駐プログラムがTrueImageより若干メモリの使用量が多いぐらいかな。
TrueImageの時は5メガ前後で、TodoBackupは8メガ前後。

たまに使う程度の私にはこれで十分そうです。
といいつつ、またTrueImageに戻りました。

補足

無料版はHDDの種類がベーシックじゃないと復元できないっぽいです。
コントロールパネル→システムとセキュリティ→
ハードディスク パーティションの作成とフォーマットを選択。

バックアップ対象HDDがダイナミックになってるとダメみたい。
ベーシックに変換してください。

EASEUS Partition Masterで変換できます。

PCスピーカーの買い替え

価格はamazonでの購入時の価格であり、
価格は変動しますので同じ価格で買えるかどうかはわかりません。

エレコム MS-87BK(2010年購入)
エレコム 5.2W高音質スピーカ(ブラック) MS-87BK

↓ 以下に買換え

サンワサプライ MM-SPS3BK(2014年購入)
SANWA SUPPLY MM-SPS3BK マルチメディアスピーカー

MS-87BKはもともとノイズが入る品物で、
安かろう悪かろうの見本みたいなスピーカーだった。
ブーというノイズ音が終始出続ける。
経年劣化のせいか最近ノイズ音が大きくなってきたため買い替えました。

MM-SPS3BKはノイズもなくいい感じ。
イヤホン出力してもノイズが気になるようなこともなかった。
さすがちょぴっと高いだけのことはある。

アマゾンレビューでは特に触れられてないけど、
音がこもったように感じる。
これは私だけだろうかと検索したら、
やっぱりそう感じる人はいるみたい。
買い替え直後なので音の違いによる違和感は気になるけど、
おそらくすぐ慣れちゃうと思いますが。

ボリューム用のつまみが大きめに作られており、
音量調整がしやすくなってるのはGood。
つまみも軽くてヌルヌル動いて微調整もしっかりできる。

電源はACアダプタタイプです。
コンセント周りに多少余裕がないとアダプタが刺さらないので注意。

若干こもり気味な音なのが残念ではあるが、
全体としてみればMS-87BKよりも満足度は高い。
スピーカー、イヤホンともにノイズが入らないためストレスを感じない。
買ってよかったと思ったモノ。

番外編

激安スピーカーもついでに買ってみた。
ELECOM マルチメディアスピーカ USB電源タイプ 0.5W(ブラック) MS-UP201BK
ELECOM マルチメディアスピーカ USB電源タイプ 0.5W(ブラック) MS-UP201BK

メリット
・ とにかく安い
・ USBから電源供給でコンセント不要

デメリット
・ 出力数が低い(ボリュームが小さい)
・ 音質は良くない
・ USB端子1つを使用してしまう

音はモゴモゴとこもった音でMS-87BKやMM-SPS3BKよりも悪い。
電気ノイズを拾ってしまいノイズが終始入る。
MS-87BK同様、コスト的にノイズ対策をする余裕はない模様。

イヤホン出力するとノイズが特に目立つ。
長時間のイヤホン使用は耳が疲れるのでやめたほうがいい。
短時間の使用でもきついかもしれないぐらいのノイズが入る。
イヤホンをメインに使用するつもりなら、
ノイズ対策された少し高めのモノを選びましょう。

スピーカーからなんとなく聴いてるだけなら十分いける。

デメリットは予想通り目立つものの、
価格から考えれば(私は)十分妥協できるレベル。
もっとひどいと思っていただけに、
アマゾンで酷評されてるほどは悪くないんじゃない?と思った。
AINEX マザーボード用ブザーユニット [BZ01]
マザーボードにつけるビープ音鳴らすだけのスピーカーと同程度の価格ですし、
そんなに期待されてもそりゃ無理でしょと。

携帯・スマホで音楽再生

意外とめんどくさかったので、忘れないうちにまとめました。
スマホはMP3を再生できるアプリを使ったほうが楽です。
同期させる作業は不要ですし。

必要なもの

パソコン
音楽ファイル(wavやmp3など)
PCと携帯を接続するケーブル

PCと携帯・スマホを接続するケーブルについて

FOMAとスマホで接続端子が異なります。
FOMA用、スマホ用と別々に売られてます。
買い間違えないように。

また、充電しかできないケーブルも存在します。
通信・転送ができるケーブルを買ってください。
通信・転送ができると記載されたケーブルを買ってきてね。

FOMAの通信ケーブルは100均ショップじゃないかも?
スマホ用のならありました。(2014/03/20時点)

PCと携帯・スマホを接続

PCと携帯・スマホをUSBケーブルで繋いでください。
USBハブを経由した接続だと認識されないこともあるため、
PCと携帯は直接接続推奨。

携帯は設定からUSBモード→MTPモードに切り替えてください。
スマホはUSBを接続するとたぶん勝手にリンクします。
携帯と同様にMTPモードで通信されてるか確認してください。
01.png

パソコンでの操作

ウインドウズメディアプレイヤーを起動し、
同期のタブをクリックすると、
接続中の携帯・スマホの名前が出ます。
02.png

同期リストの部分に音楽ファイルをドロップし、
同期の開始ボタンを押すと音楽が転送されます。

転送が終わったら、
携帯・スマホの音楽プレイヤーで再生できるか確認してください。

Win8.1で途中で音が出なくなる

検索してもあまりトラブルとして出てこないので私固有の問題なのかな・・・。

まったく音がでないわけじゃないです。
音は出ます。

何かをきっかけに途中からでなくなります。
ニコ動見た後にWMPを起動すると再生できなかったり。
Gyaoを見ていると、1話はちゃんと音が出るのに2話になると無音になったり。

01.png

音が出なくなった状態でWMPを起動するとこんなエラーが出る。

PCを再起動すると音がまた出るようになるため、
音が出なくなるたびに再起動してたんですが、
(そう頻繁に発生するわけじゃないのであまり気にしていなかった)
PCを再起動できない状況で音が出なくなってしまったことがあったため何とかしたい。

BIOS更新したりサウンドドライバを入れなおしてみたり、
サウンド系の設定をいじっても変化がなくて困り果てていた。
そんな時、なんとなくプロセスを覗いてみると原因がわかった。

02.png

原因はWindows オーディオ デバイス グラフ アイソレーション。
これを再起動させると音が出るようになった。

メモ帳に以下をコピペ。

@echo off
net stop "Windows Audio"
net start "Windows Audio"

オーディオデバイス再起動.txtとでもしてファイル保存。
その後拡張子を変更。
オーディオデバイス再起動.bat

右クリックして「管理者として実行」を行うとオーディオデバイスが再起動されます。

いちいちPCを再起動させなくても音が出るようになったのでとりあえずOK。
ただ、音が出なくなる原因の根本的な部分は解決してないのよね。

ちなみに私の環境は、
Win8.1 Pro 64bitとFatal1ty H87 Performance。

PC限定 お買い物サイト

PC関連品を購入しているサイトを並べてみました。
個人的によく利用するサイトです。
基本的に価格重視で選んでます。

アマゾン : http://www.amazon.co.jp/

定番中の定番サイト。
品揃え、価格ともにトップクラス。

購入者が多く商品レビューも多いため、
購入前に商品の評価がわかりやすいのもポイント。

ヨドバシ.com : http://www.yodobashi.com/

個人的にはヨドバシ最強。

品揃えがやや少ないのが残念だけど、
価格はアマゾンとほぼ同じぐらいな商品が多い(ポイント込の計算で)。
アマゾンとヨドバシで価格が100~200円ぐらいの差なら、
ヨドバシで買ってます。

最強たる所以は、商品到着の速さ。
これが異常に早い。
最寄りのヨドバシに在庫がある場合はそこから発送されます。

最速で当日着。
夜22時頃に注文しても0時頃発送連絡が入り、
翌日午前中には届くという。
ヨドバシ頑張りすぎ。

しかも100円とかそんなのでも送料無料。
最強すぎる。

楽天市場 : http://www.rakuten.co.jp/

アマゾンより安い場合がままある。

ショップから付与されるポイントと、
楽天から付与されるポイントがあります。
両方から付与されるため、ポイント還元が高い時を狙うと安く買えたりする。

ショップによって支払方法が異なったり、
送料が別途必要だったりとチェックする項目が多くて面倒なのがネック。
ショップにより梱包や発送方法なども違うので価格だけではなく、
ショップの評価もしっかりとチェックしよう。

ショップから付与されるポイントは無期限ですが、
楽天から付与されるポイントは期間限定のためポイント失効に注意

よく買うショップは、楽天ソフマップ。

NTT-X Store : http://nttxstore.jp/

NTT系のショップ。
価格的には最安値に近いけど、
最安値じゃないという微妙な感じ。
品揃えが少なくほとんど選択肢がない。
全品送料無料キャンペーンで安いのでも気軽に買える。

毎日20時~08時限定で行われているナイトセールでは、
通常販売価格から割引が行われます。
これをうまく使うと最安値で買えます。

箱汚れ特価コーナーはかなり安いです。
ほとんど商品ないけどね。

毎日チェックしないとお買い得品に巡り合えないため、
今すぐ必要というモノは無理です。

根気よく待てる人にはいいかも。

楽天ソフマップで初期不良をゲットとその後

PC用の電源で初期不良をゲット!

とりあえず楽天ソフマップのコールセンターへ連絡。
初期不良の状況を説明すること1,2分。

電源、マザボ、メモリ、CPUの最小構成で電気を入れても、
マザボのCPUファンすら回らない。
自宅にあった予備の電源をマザボに繋ぐと元気に動く。
原因が電源にあるのはコールセンターのほうでもすぐわかったようで、
同品を送ってくれることに。

電話したのが夜7時直前。
同品が届いたのは翌々日。
翌日に同品発送して、翌々日到着ってことで対応はかなり早い。
早いというか通販では最速のレベル。

同品を持ってきた配送業者さんが、
そのまま初期不良品を引き取っていく流れ。
宛名を書いたりもなんもしない。
初期不良品を箱に戻して配送業者に渡すだけ。
返品も楽ちん。

初期不良対応はかなり効率的というか無駄がなくてスマート。
消費者側に負担が極力ないような配慮になってました。
なかなか良かったです楽天ソフマップ。

アマゾンだとメーカーに連絡して、
メーカーから初期不良と判断されてからの返品という順序のようです。

なので、メーカーのサポートセンターとアマゾンの両方に連絡を入れる必要がある。
初期不良って消費者のせいじゃないのに。
かなりめんどくさそうね。

アマゾンでは初期不良には遭遇してないのが幸い。

Pagination

  • Page
  • 1
  • 2
  • 3

Utility

スポンサードリンク

Entry Search

Page

  • ページが登録されていません。

コメント

Feed

スポンサードリンク